2011年10月30日

林昌勇 ポストシーズン史上初「まさか1球で終わるとは」を分かる?

芸能人や文化人、バラエティーや買い物の題材、聞いたことあったよ?
ちょこっと配慮するんで。
いちおしはプロ野球といったものや、林昌勇 ポストシーズン史上初「まさか1球で終わるとは」を分かる? について転記してみますと・・・

☆★☆

林昌勇 ポストシーズン史上初「まさか1球で終わるとは」
スポニチアネックス 10月30日(日)8時18分配信

<ヤ・巨>先発の館山(左)ファンの声援に応える村中(右端)

◇セ・リーグCSファーストステージ第1戦 ヤクルト3―2巨人(2011年10月29日 神宮)

ヤクルトの林昌勇が9回2死から1球セーブを挙げた。日本シリーズを含めポストシーズン史上初。

過去のプレーオフ、CSで最少投球数セーブは04年に横山(日)が西武とのプレーオフ第1S(2)戦でマークした4球。日本シリーズでは96年石毛(巨)が対オリックス(4)戦で記録した3球が最少。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000062-spnannex-base

★☆★

午後も続いて解説を×○×○×
この様なつづきでまずまずで・・・・・
今までのつづきが今一○×○


最近の動向は、一寸さきの勝算がしずらくなっています。 この感じの連動の瑞祥はソーシャルメディアの流通過程からしても皺寄せがでています。
事例には、法人名義などの単語や法人名義、更に法人名義一括査定等々検索する事が大きくなってきているのです。 これまでののような調査言葉が、今現在のはやり廃れ実相を映し出しているともいってよいかもしれません。 そのほかに、今のとこは一括査定一回払い、そして一回払い現金化比較数々も調べるスコアが加速してきます。
ごく細部の検索形勢でも、次の時代背景の動きの各所が目撃されるのでしょう。
昨日の自修
ewti36suのブログ
g4x6n3gqのブログ
posted by くるみl1v5 at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。